今年もまた雪ではじまる

2017/01/27
新年ですな。どちらさんもおめでとうござんす。
ってもう1月も終わりだろうってか・・・。
まあまあそう言わず。
本年もひとつ、かわいがっておくんなさいまし。

例年になく忙しい年末年始。
1杯1,5000円のズワイガニを2杯も茹でた(注文です)。
元日の夜にはなぜかステーキを焼いていた(注文です)。
おせちも作ったし、雑煮も祝った。
そしてお客も絶えた1月なかばから雪が降ってきた。
これは例年どおり。

IMG_3533_convert_20170127094110.jpg

積雪は50センチくらいかなあ。
1メートル以上積もった昨年にくらべればなんのなんの。
で、雪がひと区切りついたところで、ワンコ散歩に出かけてみた。
おなじみの御嶋石部神社ね。

IMG_3544_convert_20170127094338.jpg
神社はうっすらと雪化粧。やはり海が近いと雪は少ない。

IMG_3546_convert_20170127094414.jpg
でもまあ神社わきの広場はこのとおり。積雪は7、8センチかな。

IMG_3549_convert_20170127094457.jpg
冷たい=気持ちいい。ラル吉は満足そうだ。

IMG_3552_convert_20170127094613.jpg
えんこちゃんの視線は、おかみが食べている煎餅に。

IMG_3540_convert_20170127094253.jpg
帰り道。ちょうどいい冬の夕焼けが広がっている。

さてさて、今年はどんな1年になるのだろうか・・・。














10:07 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

富山初呑み旅

2016/12/24
ごぶさたでおま。特調でんす。
寒うなりましたな。
どうやら週末には雪なんぞ降ったようで。
宿のぐるりには残雪がチラホラと。
いよいよ寒到来ってわけですな。お〜さむい。

さて、12月あたまの3日間、恒例の呑み喰い旅に行ってめえりやした。
同行はおいらとおかみ、ぼたこなまる家のヒデちゃん&サトちゃん。
よーするにいつものメンツってこと。
今年のターゲットは富山市。
おとなりの金沢のかげに隠れがちだけど、行ってみりゃあきわめてイイところだったよ。
金沢が「観光の街」だとすれば、富山はぐっと落ち着いた「生活の街」ってカンジかな。
街の中心部に観光スポットはないけれど、そのぶん人で溢れかえっているざわざわ感もない。
手ごろな賑わいの繁華街がいくつかあり、魚だって酒だって美味いもんが目白押しだ。
また、富山城址や環水公園などワンコ散歩ができる場所が街なかにあるのもうれしいところ。
次回の呑み喰い旅も富山になりそうな気がするな。

1_2016121918375215b.jpg
薬の街・富山では「薬膳」に力を注いでいる。
富山薬膳とは、富山の食材を使い、安心・安全面に考慮し、健康にもよいと認定された食事。
おとなりの金沢が「百万石=豪華」をウリにするなら、富山は「薬膳=健康」で勝負ってことか。
写真は初日にランチをいただいた電気ビルレストランの「一汁三菜薬膳」。白えびやげんげ、地野菜などで、しっかり富山をアピールしている。

3_20161219183755413.jpg
今回宿泊した富山第一ホテル。市街の中心にあり、リストアップした呑み屋すべてが徒歩圏内。
しかも道路一本越えると広大な富山城址公園でワンコ散歩にもうってつけ。

2_20161219183753a82.jpg
城址公園でワンコらとポーズ。夕方散歩の時刻なのか、ワンコの数はけっこう多い。

6_20161219183818731.jpg
富山といえばやっぱりセントラム。本数も多く、交通手段としてかなり便利。

8_20161220152534286.jpg
夜呑み1軒目の「あらさん」はCiCビルF1のちょい呑み処。デパ地下の通路で呑んでるカンジが新鮮だ。

9_20161220152536032.jpg
冬の日本海といえば香箱カニ。おかみ大喜び。

23_20161224105524435.jpg
初日4軒目の「DOBU6」にて。日本酒10杯目まではおぼえていたけど・・・。

IMG_3471_convert_20161224113453.jpg
城址公園わきの松川磯部堤は朝の散歩にピッタリ。春は市内有数の花見場所になる。

IMG_3472_convert_20161224111842.jpg
広〜い環水公園。左右の塔は糸電話で繋がり、会話ができるそうだ。

26.jpg
公園背後に望む立山連峰。街なかのどこからでも見える。

24.jpg
おいらの富山イメージはこの蒲鉾。買って帰りたかったなあ・・・。

25.jpg
2日目口開けに選んだ「吟魚」。なにを食べてもうまかった。

22_20161224105521d07.jpg
2軒目の「BAR BANCO」の1品。細かすぎる細工に驚嘆。

21_20161224105522c2c.jpg
解散前のランチは「すし玉本店」。廻転寿しにあるまじき美味さだった。

IMG_3525_convert_20161224113641.jpg
ぼたこなまる家と別れてから宮保の熊野神社へ。おめあての狛犬さんはあきらかに笑っていた。









12:05 日々の事 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

散歩のはずだったが・・・

2016/10/04
11_20161004110339f10.jpg

長岡インターから8号線を5分くらい走ったところに「馬高遺跡」がある。
縄文中期の遺跡で火焔式土器発祥の地ともいわれており、日本遺産に認定されている。
敷地内の「縄文館」には・・・って、まあ遺跡のはなしはおいとこう。
じつはこの遺跡、公園といってもいいほど広いんだ。
しかも手入れの行き届いた草っぱらとくれば、とうぜん犬散歩にうってつけ。

10_20161004110316a34.jpg
ひろ〜い原っぱには、復元された竪穴式住居がある。

4_20161004110243f55.jpg
中にも入れるんだもんね。

この原っぱにはクリ、クルミ、コブシ、ホオなど実のなる樹木が多い。
ひょっとしたら、縄文時代の採集生活をしのぶために植えたのかもしれない。
なかでも特筆すべきはクリだ。
丸々としてしかもデカい。
気がつけば犬散歩のはずがクリ拾いに熱中するハメになっている。

9_20161004110315687.jpg

5_20161004110244460.jpg
クリ大好きのおかみはワンコを放っぽってもう夢中だ。

8_20161004110320a9b.jpg
こいつはクルミ。まだ果肉がついている。

6_20161004110317ade.jpg
ホオの実。乾燥させると漢方薬になり、高値で取り引きされるとか。

7_20161004110319dbf.jpg
色味はきれいだが、いささか気味のわるいコブシの実。

あるていどの収穫? をえたところで散歩はおしまい。
まあワンコらもじゅうぶんに歩いたことだろう。
ワンコらを車に収容したら、道路をはさんだ向かいの「なじら〜て」へ。
JA長岡が運営する野菜中心の直売所だ。

3_20161004110241aec.jpg

2_20161004110240dfb.jpg

この施設、なりはそれほど大きくないけど、品揃えはすばらしい。
とくに茄子と枝豆は種類が豊富に山を成している。さすが長岡だ。
週末のお客さん用に枝豆界の大トリ「肴豆」を購入し、帰途についた。

1_20161004110239b7d.jpg
拾ったクリは渋皮煮に。そのうち提供するつもりだす。


11:17 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

干してみた

2016/09/08
例年とちがって盆が明けてから気温が上がってきた。
ここのところ連日30℃弱くらいになっているかな。
まあ雨が少ないから湿気がないのが救いだけどね。
さて、そこでだ。
この好天を利用してゴーヤを干してみることにした。
干してどうするのかといえば、ゴーヤ茶をつくろうと思っている。
なんでもダイエットにいいんだとか。
さらには血圧や血糖値を下げるのにも効果があるらしい。
いずれも黄~赤信号のおいらとしてはやってみる価値はあるだろう。
しかも、いただきもののゴーヤが山ほどあるしね。

1_20160908170825c4e.jpg
柏崎の知り合いからもらったアップルゴーヤ。こいつを使おう。

レシピはきわめてカンタン。
まずはゴーヤを半割りにする。
わたと種を除いたらスライスして干すだけである。
ほんとは種も使うらしいけど、今回は実だけでやってみた。

2_201609081708260d8.jpg
車と脚立の間によしずを架け渡して、ゴーヤを広げる。

3_201609081708272e6.jpg
もらったハラペーニョも干してみた。

ゴーヤは2日間干しただけでカラッと乾燥した。
つづいては乾煎り。
あくまで低温で、じっくりと、焦がさぬように…。
薄茶色になったあたりで火を止めて完成だ。

4_20160908170829765.jpg

12本のゴーヤを干したわりには仕上がりは少ないけど、まあいいだろう。
これはあくまで第一弾なのだ。
さて、飲むときには適量を煎じて飲むらしい。
適量がわからないので、とりあえず適当にやってみた。

5_20160908171223c29.jpg

うむ。色は良さげである。
味はどんなもんだろう。
おっ。意外とイケるかも。しかしいささか濃いかな。
で、冷水を足してみたらいい具合。
苦みはほとんどない。
飲み干すときにゴーヤの味も感じるぞ。
これなら常備茶としても飲み続けられそうだ。
さて。効果のほどはいかがなものだろうか…。
17:15 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

蛙の食卓

2016/08/09
夏の夜、台所の灯りをめざして虫たちが集まってくる。
なかにはクワガタやカミキリムシなどの甲虫もいるけれど、ほとんどは羽虫の類いだ。
夕刻になると、そんな虫を目当てに蛙たちがあらわれ、窓ガラスにへばりつく。
どうも虫の集まりやすい場所があるらしく、蛙たちは熾烈な場所取り合戦を繰りひろげる。
それだけにいい場所を占めたラッキーなやつは頻繁に食事にありつけているようだ。
そのせいだろうか。夏の終わりになると、特定の場所にいる連中はかなり巨大化している。
もっとも、おいらにゃ蛙の顔の区別はつかないから、気のせいかもしれないけどね。

IMG_3121_convert_20160809142549.jpg

今朝、ひと夜の饗宴を終えたやつが窓に居残っていた。
あきらかに腹が膨れている。
飽食の余韻にひたっているのだろうか。動く気配はない。

これからキョーフのお盆週間がはじまる。
14:39 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | Next »