スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

富山初呑み旅

2016/12/24
ごぶさたでおま。特調でんす。
寒うなりましたな。
どうやら週末には雪なんぞ降ったようで。
宿のぐるりには残雪がチラホラと。
いよいよ寒到来ってわけですな。お〜さむい。

さて、12月あたまの3日間、恒例の呑み喰い旅に行ってめえりやした。
同行はおいらとおかみ、ぼたこなまる家のヒデちゃん&サトちゃん。
よーするにいつものメンツってこと。
今年のターゲットは富山市。
おとなりの金沢のかげに隠れがちだけど、行ってみりゃあきわめてイイところだったよ。
金沢が「観光の街」だとすれば、富山はぐっと落ち着いた「生活の街」ってカンジかな。
街の中心部に観光スポットはないけれど、そのぶん人で溢れかえっているざわざわ感もない。
手ごろな賑わいの繁華街がいくつかあり、魚だって酒だって美味いもんが目白押しだ。
また、富山城址や環水公園などワンコ散歩ができる場所が街なかにあるのもうれしいところ。
次回の呑み喰い旅も富山になりそうな気がするな。

1_2016121918375215b.jpg
薬の街・富山では「薬膳」に力を注いでいる。
富山薬膳とは、富山の食材を使い、安心・安全面に考慮し、健康にもよいと認定された食事。
おとなりの金沢が「百万石=豪華」をウリにするなら、富山は「薬膳=健康」で勝負ってことか。
写真は初日にランチをいただいた電気ビルレストランの「一汁三菜薬膳」。白えびやげんげ、地野菜などで、しっかり富山をアピールしている。

3_20161219183755413.jpg
今回宿泊した富山第一ホテル。市街の中心にあり、リストアップした呑み屋すべてが徒歩圏内。
しかも道路一本越えると広大な富山城址公園でワンコ散歩にもうってつけ。

2_20161219183753a82.jpg
城址公園でワンコらとポーズ。夕方散歩の時刻なのか、ワンコの数はけっこう多い。

6_20161219183818731.jpg
富山といえばやっぱりセントラム。本数も多く、交通手段としてかなり便利。

8_20161220152534286.jpg
夜呑み1軒目の「あらさん」はCiCビルF1のちょい呑み処。デパ地下の通路で呑んでるカンジが新鮮だ。

9_20161220152536032.jpg
冬の日本海といえば香箱カニ。おかみ大喜び。

23_20161224105524435.jpg
初日4軒目の「DOBU6」にて。日本酒10杯目まではおぼえていたけど・・・。

IMG_3471_convert_20161224113453.jpg
城址公園わきの松川磯部堤は朝の散歩にピッタリ。春は市内有数の花見場所になる。

IMG_3472_convert_20161224111842.jpg
広〜い環水公園。左右の塔は糸電話で繋がり、会話ができるそうだ。

26.jpg
公園背後に望む立山連峰。街なかのどこからでも見える。

24.jpg
おいらの富山イメージはこの蒲鉾。買って帰りたかったなあ・・・。

25.jpg
2日目口開けに選んだ「吟魚」。なにを食べてもうまかった。

22_20161224105521d07.jpg
2軒目の「BAR BANCO」の1品。細かすぎる細工に驚嘆。

21_20161224105522c2c.jpg
解散前のランチは「すし玉本店」。廻転寿しにあるまじき美味さだった。

IMG_3525_convert_20161224113641.jpg
ぼたこなまる家と別れてから宮保の熊野神社へ。おめあての狛犬さんはあきらかに笑っていた。









12:05 日々の事 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

散歩のはずだったが・・・

2016/10/04
11_20161004110339f10.jpg

長岡インターから8号線を5分くらい走ったところに「馬高遺跡」がある。
縄文中期の遺跡で火焔式土器発祥の地ともいわれており、日本遺産に認定されている。
敷地内の「縄文館」には・・・って、まあ遺跡のはなしはおいとこう。
じつはこの遺跡、公園といってもいいほど広いんだ。
しかも手入れの行き届いた草っぱらとくれば、とうぜん犬散歩にうってつけ。

10_20161004110316a34.jpg
ひろ〜い原っぱには、復元された竪穴式住居がある。

4_20161004110243f55.jpg
中にも入れるんだもんね。

この原っぱにはクリ、クルミ、コブシ、ホオなど実のなる樹木が多い。
ひょっとしたら、縄文時代の採集生活をしのぶために植えたのかもしれない。
なかでも特筆すべきはクリだ。
丸々としてしかもデカい。
気がつけば犬散歩のはずがクリ拾いに熱中するハメになっている。

9_20161004110315687.jpg

5_20161004110244460.jpg
クリ大好きのおかみはワンコを放っぽってもう夢中だ。

8_20161004110320a9b.jpg
こいつはクルミ。まだ果肉がついている。

6_20161004110317ade.jpg
ホオの実。乾燥させると漢方薬になり、高値で取り引きされるとか。

7_20161004110319dbf.jpg
色味はきれいだが、いささか気味のわるいコブシの実。

あるていどの収穫? をえたところで散歩はおしまい。
まあワンコらもじゅうぶんに歩いたことだろう。
ワンコらを車に収容したら、道路をはさんだ向かいの「なじら〜て」へ。
JA長岡が運営する野菜中心の直売所だ。

3_20161004110241aec.jpg

2_20161004110240dfb.jpg

この施設、なりはそれほど大きくないけど、品揃えはすばらしい。
とくに茄子と枝豆は種類が豊富に山を成している。さすが長岡だ。
週末のお客さん用に枝豆界の大トリ「肴豆」を購入し、帰途についた。

1_20161004110239b7d.jpg
拾ったクリは渋皮煮に。そのうち提供するつもりだす。


11:17 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

蛙の食卓

2016/08/09
夏の夜、台所の灯りをめざして虫たちが集まってくる。
なかにはクワガタやカミキリムシなどの甲虫もいるけれど、ほとんどは羽虫の類いだ。
夕刻になると、そんな虫を目当てに蛙たちがあらわれ、窓ガラスにへばりつく。
どうも虫の集まりやすい場所があるらしく、蛙たちは熾烈な場所取り合戦を繰りひろげる。
それだけにいい場所を占めたラッキーなやつは頻繁に食事にありつけているようだ。
そのせいだろうか。夏の終わりになると、特定の場所にいる連中はかなり巨大化している。
もっとも、おいらにゃ蛙の顔の区別はつかないから、気のせいかもしれないけどね。

IMG_3121_convert_20160809142549.jpg

今朝、ひと夜の饗宴を終えたやつが窓に居残っていた。
あきらかに腹が膨れている。
飽食の余韻にひたっているのだろうか。動く気配はない。

これからキョーフのお盆週間がはじまる。
14:39 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

真っ赤に色づいた「姫」を喰う!

2016/06/09
新潟といえば「米どころ」の印象が強いけど、じつはフルーツも美味いんだ。
たとえば8月の「八色(やいろ)西瓜」。
この味は「すいか命‼」のおいらが絶対的に保証する。
あるいは12月の「ル・レクチェ」。
地元贔屓じゃなく、山形の「ラ・フランス」より美味いと思うぞ。
そうそう。11月の「おけさ柿」だって忘れちゃいけねえや。
では初夏をむかえた今、オススメのフルーツといえばなんだろう。
それはイチゴの女王、「越後姫」である。
「6月にイチゴかよ?」と、訝る向きもあるかもしれないけど、事実なんだからしょうがない。
でもまあ、6月半ばまでってところかな。
はっきりいうけど「とちおとめ」なんぞ、「けっ!」てなくらい美味い。
酸味はほとんどなく、口に含めば豊潤な香りと甘さが広がる。
しかも大粒で果肉はやわらかい。

1_2016060822083850a.jpg

しかしこの「越後姫」、全国的な知名度は高くない。なぜか。
それはまさに持ち味である果肉のやわらかさに由来する。
つまり輸送や保存にむかないのだ。
したがってほとんどは県内での流通・消費となる。
ケンミンはみんな、このステキに美味いイチゴを頬張りつつ、「けけけ」とほくそ笑んでいるのだ。
「東京じゃ喰えねえだろう」ってね。けけけ。

てなことを常連のネル家に吹きまくり、その気にさせてイチゴ狩りへ。
ようは自分が食べたかったのさ。今年はほとんど食べてないしね。
行く先は新潟市南区の池田観光果樹園。2年ぶりである。
こちらのシステムは30分食べ放題で1,400円。
おかみの計算では、大粒のやつを40個ほど食べれば、もとがとれるハズだとか。
この「もとをとる」という発想はおいらにはないんだよな。
おいしく喰えなくなったらそれでオシマイ。それ以上は食べない。
40個ねぇ。さて、そんなに喰えるかなあ…。

3_20160608220841ee2.jpg
ここがバトルフィールドである。一見イチゴは見えないが、棚下をのぞくと…

2_20160608220839c68.jpg
真っ赤に色づいた「姫君」が鈴なりだ。

ハウス入口で料金を支払い、カップを受けとる。
凹みが2つあり、ひとつはヘタ入れ、もうひとつにはコンデンスミルクが入っている。
おいらミルクは使わないけどね。
ハウスに入り、とりあえず目についた大粒の姫を頬張ってみる。
続けて2つ、3つ。
美味い。
口に含んだ姫は舌でつぶせるほどにやわらかく、口中に濃厚な甘味がひろがる。
利き酒でいう「含み香」のごとく、香りは鼻孔にもあふれるようだ。
これが越後姫である。
ハウスのあちこちから、おかみやネル家の歓声が聞こえる。

5_20160608220844229.jpg
大粒の姫を両手に満面の笑み。

20個ほど食べたあたりでペースダウン。
満腹したってわけじゃないけど、だんだんと応えてきたのだ。
ハウス内の暑さがである。
北方海獣類に近いおいらの天敵はまさにこの暑さ。
気温が25℃を超えるとからだの機能が衰えはじめ、30℃以上では廃人に等しい。
(そろそろかもしれない)と覚悟を決め、まとめに入る。
そのあとは10個ほども食べただろうか。
制限時間にはいささか間があるが、ハウス外へと退出した。

7_2016060822090685c.jpg
ヘタを数えるおかみ。どうしても「もとをとった」かが気になるらしい。

涼しげな風が流れるブドウ棚の下で、おかみはヘタの数を数える。
なんとその数75個。 
「実だけとれたのもあるから、80個はいった」らしい。
2年前は72個だったらしく、記録更新に自慢げだ。
ネル家も相当に食べたらしい。
越後姫の美味さをわかってもらえたのならば、うれしいことだ。

帰り際、果樹園のおばちゃんにきいてみた。
「いちばん食べた人はいくつくらいかな」
「100個以上食べた女の子がいたよ」
おかみに伝えるべきだろうか…。










00:39 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

長岡好日

2016/05/13
あまりの好天に誘われてちょっとおでかけ散歩。
行く先は「千秋が原ふるさとの森」(長岡市)。
わが家から約30分。信濃川沿いにあるなにかと行き届いた緑地公園だ。
なんたって広い。ロケーションがいい。しかもワンコOKとくればいうことなし。

6_201605131737586e1.jpg
敷地内にある県立美術館の屋上は公園からそのまま上がれる。川風が心地よい。

5_20160513173737ab3.jpg
おかみの手からリードを振り切って向かった先には…

4_201605131737352e8.jpg
ビジョンフリーゼのモコくんが。

1_2016051317373249d.jpg
池端のテラスでジェラート・ブレイク。ワンコらは水をゴクゴク。

およそ1時間の散歩のあと、人間どもはジェラートを楽しむ。
ラル吉とエンコちゃんもおすそわけにあずかって満足したようだ。
さあ、餃子でも喰って帰りますかな。
17:48 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。