酒メニューに新顔参入

2013/12/28
オラ・アミーゴ! 特別調理人でごんす。
ふと気がついたら年末ですなあ。
早いねえ。
なんだったんだろこの一年。
あたしゃ人として少しは進歩したんだろうか…。
まあいいや。
年末の反省なんて、役に立ったためしがないもんね…。

さて、新顔のお酒をふたつ入手しやした。ともに石川県のお酒だす。
ひとつは「手取川 吉田蔵 純米大吟醸」。名声はつとに聞くところ。
いままで口にする機会がなかったけど、先日、金沢で飲んでみて即決で購入。

IMG_1069_convert_20131228122124.jpg

もひとつは「池月 純米」。こちらは金沢の居酒屋オーナーのオススメ。
石川県内でも希少らしいけど、なんとか入手。
ともに年末から提供いたしやす。

IMG_1070_convert_20131228122542.jpg

これで酒メニューは9種類に戻りました。
以前からある
「上喜元 出羽の里 純米」
「羽根屋 純米中汲み」
「鶴齢 雪男 純米」
「巻機 純米吟醸」
「越乃白雪 特別純米」
「鶴齢 特別純米無濾過 山田錦」
「高千代 純米大吟醸」
に加えてご新規様2人が参入しての9種類。
これにともなって、
「羽根屋 純吟槽しぼり」は引退。
「菊姫 鶴乃里 山廃純米」は、業務用冷蔵庫内の「古酒の森」へと引っ越しました。

しかし菊姫はなんで出なかったのかなあ。
アタシ的には絶対的なナンバー1なんだけどね。
たしかに、いわゆるフルーティなお酒とは対極にあるし、肴を選ぶかもしれない。
でも、これだけ完成度の高い酒はめったにないと思うけどねえ。
まあ、古酒の森におりますので、ご希望の方は…。

IMG_1068_convert_20131228122021.jpg

ちなみに今年の人気銘柄は
「羽根屋 純米中汲み」
「巻機 純米吟醸」
が抜きん出ているかな。
ともに派手な香りはないけれど、飲み口がすっきりとして適度な旨味を感じられるタイプ。
続いて
「鶴齢 特別純米無濾過 山田錦」
「高千代 純米大吟醸」
あたり。

来年はどう変わるだろうか。
まずは、良いお年を…。
関連記事
スポンサーサイト
12:30 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示