スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

17年度の日本酒はこちら

2017/06/06
特調でごわす。
いささかおそくなったけど、今年提供する日本酒の銘柄を決めやした。
取りそろえたのは6銘柄と去年よりやや少なめ。
あとは夏場限定で生酒を加えるつもり。
じゃあその6銘柄を紹介しますわ。
まずは県内蔵から。

鮎正宗 純米 鮎正宗酒造(妙高市)
20170606134242498.jpg
新潟酒らしくさっぱりと淡麗な口当たり。
香りはひかえめでほんのり甘口。

笹祝 純米亀の尾 笹祝酒造(新潟市)
20170606134550e0c.jpg
希少米「亀の尾」100パーセント使用のお酒で、やや低アルコール。
かすかな甘味と酸味が持ち味。お燗で味はふんわりとふくらんで・・・。

鶴齢 純米超辛口 青木酒造(南魚沼市)
2017060613424874e.jpg
新潟酒のイメージをくつがえす深い旨味を持つ辛口。
サッパリとした後口が夏向きの一本。

つぎは県外蔵。

羽根屋 純米 富美菊酒造(富山県富山市)
20170606134246ebd.jpg
5、6年前の初提供以来、一貫してウチの人気ナンバー1をキープ。
軽やかな飲み口の辛口で旨味もほどよく乗ってるぞ。

墨廼江 特別純米中汲み 墨廼江酒造(宮城県石巻市)
20170606134245d66.jpg
2年前の仙台飲み歩きでもっとも気に入った一本。
晩酌向きっていうのかな。とにかく味のバランスがいいお酒。
常温からぬる燗で飲んだら果てがなさそうだな。

綿屋 特別純米美山錦 金の井酒造(宮城県栗原市)
20170606134244350.jpg
これは仙台では飲めずに、帰ってから取り寄せた。
柔らかな口当たり、適度な旨味としっかりとした酸味が味わえる。
これも飲み飽きしないタイプですわ。

笹祝〜、鶴齢〜、綿屋〜が今年からの新顔。
キホン的に、香りの強いタイプはやや敬遠。
食事と一緒に楽しめる銘柄をそろえたつもりだす。
若干おいらの好みに偏っている気もするけどね・・・。
まあなんにせよ日本酒は美味しい。
どうぞジャンジャン呑んでやってちょうだいな(売り上げのためにもね・・・)。

関連記事
スポンサーサイト
14:07 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。