夏のニューフェイス

2016/07/01
夏を迎えて日本酒メニューに3人のニューフェイスが加わった。
初登場の子もいるから、ここでちょっとプロフィールなどを…。

まずは県産酒。
糸魚川市にある渡辺酒造店から「根知男山(ねちおとこやま)純米吟醸」。
原料米は五百万石。
この蔵は原料米の産地・品種・品質に徹底してこだわっている。
なんたって平成15年からは地元根知谷で自社栽培した米だけを使って仕込んでいるのだ。
それもほとんどが特等米と一等米。なかなかできることじゃないよね。
味わいはほんのりと甘く旨みもある。でも味ギレがいいから、もう一杯といきたくなる。

IMG_3095_convert_20160701152848.jpg

県外からは宮城県栗原市の金の井酒造の「綿屋(わたや)特別純米 院殿(いんでん)」。
「墨廼江(すみのえ)特別純米」に続いて宮城県から2人目のエントリーとなった。
ラベルの添え書きには「新生漢方米」とある。漢方米ってナニ?
これは飼料に14種類の漢方草を混ぜて与えた和牛の堆肥で育てた米(ひとめぼれ)のこと。
とうぜんその漢方米を酒造りに用いている。
昨年末、仙台の居酒屋で久しぶりに口にして、その味を再確認。
べつだん漢方薬の味がするわけじゃないけど、おいしかったからいいやね。
綿屋らしい柔らかな飲み口は食中酒にうってつけのはずだ。

IMG_3094_convert_20160701152818.jpg

3人目は「鶴齢 爽醇(かくれい そうじゅん)」。
醸造元は南魚沼市の青木酒造。
現在の新潟を代表する蔵といっていいだろう。
この子は年1回、7月1日に発売される夏季限定酒。
どっしりとした骨太の酒が多い鶴齢のなかでは、軽やかな飲み口で爽快感がある。
しかもやや低アルコール。
冷たくひやしてゴクゴクといきたい酒だ。

IMG_3093_convert_20160701152736.jpg

いっぽうで去ってゆく子もいる。
今回は「越乃白雪(こしのはくせつ)特別純米」と「太刀山(たちやま)純米」の2人。
かつては花形力士として活躍したが、最近はやや白星に恵まれなかった。
「両者ともに地力は申し分ないのだから、ぜひ再入幕をめざしてほしい」
と田子ノ浦親方も捲土重来を期待しているようだ。

なぜか相撲の話になってしまったが…。
関連記事
スポンサーサイト
15:41 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示