スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

冬からの使者

2015/11/07
鬼のように忙しかった秋が終わった。
季節は順調に(?)冬に向かっている。
とはいってもまだ11月だけどね。
例年だと文化の日を過ぎれば、どんよりとした曇り空がつづくようになる。
そして12月からは長く白い冬がはじまるってわけさ。 
で、毎年この時季になると現れてくるのがこの方々。

IMG_0729_convert_20151107095633.jpg

IMG_2719_convert_20151107082408.jpg

ヤママユガ科のウスタビガである。
開張時のサイズは10センチほどと、ヤママユガ科では小柄なほう。
写真上の茶褐色の固体がオス。
写真下の派手な黄色はメス。
成虫の活動時期は10、11月頃。
ほかの昆虫たちはとうに絶えた時季なのでやたらと目立つんだ。
サイズもでかいしね。
動きはのったりとしている。
疲れているからなのか、何かにつかまると容易なことでは動かない。
もうすぐ産卵を終え、冬の訪れとともに消えてゆくんだろうな。
冬からの使者。
どことなく“もののあわれ”を感じる存在でもある。
関連記事
スポンサーサイト
10:10 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。