いざ、掘らねばならぬ

2013/05/31
じぇんどぶれ。特別調理人でおま。
ひと月ぶりでございます。
この間なにをしておったかといえば、そう、ゴールデンウイークでした。
いやあ、疲れましたな。もちろん、いささか儲けはしましたがね。
ホタルの時季まではちょっとひと休み。
さてと。
山菜の時期も終わったことだし、今回はさらっといきましょう。
はい、たけのこです。
例年5月中ごろから採りはじめるんだけど、今年は早い。
5月のあたまから顔を出してたね。
じゃあ、とりあえずスコップ片手に裏庭へ。
IMG_0159_convert_20130531200344.jpg
なにひとつ手入れをしていない裏庭。しかしここに出るのだ。

ことわっておくが、わが家に竹藪はない。
しかし、たけのこは出る。なぜか。
じつは隣家の竹藪から地下茎を伸ばし、勝手に裏庭に出てくるのだ。
これはきっとわが家のものだろう。
柏崎で聞くところによると、ここ出雲崎のたけのこは美味いらしい。
市場の知人からも引き合いが来ている。
とすれば、わが家の分も合わせて、7、8本は欲しいところだ。
さっそく「たけのこ目線」となってあたりを見わたすと…。
IMG_0161_convert_20130531200512.jpg
おっとっと。いきなり発見。しかしこいつは伸びすぎ。たけのこってより竹だよ。

じつは、新潟ではたけのこがかなり伸びてから採る。
市場に並んでいるたけのこにも、「これ竹じゃねーの?」とつっこみたくなるものがある。
「小さいほうが柔らかいでしょう」なんて言ってみても、
「小さいうちに採ったらもったいないだろ」と返されておしまい。
したがって、つま先で地面を探って、穂先を確認するなんて作業は必要ないのだ。
IMG_0104_convert_20130531194845.jpg
よっしゃ、こいつはベストサイズ。さてあと6、7本。

IMG_0103_convert_20130531113701.jpg
ちょっと細めだが、これもキープ。まだまだ足りない。

IMG_0107_convert_20130531200146.jpg
およそ1時間の成果がコレ。なんとか足りそうだ。

山菜とは違って、たけのこはおいらが調理する。
メニューは土佐煮とたけのこごはん。
ちなみにたけのこごはんは、ひめかわだけを使う。あと、油揚げの皮のところもね。
自分で言うのもなんだけど、評判はいい。
しかし、写真を撮り忘れたのでお見せすることはできないんだな。
どーもすんまへん。
ここはまあ、話だけってことで…。
ING106_20130531203053.jpg
裏庭に咲いていたシャガの花。あやしくも美しい。
関連記事
スポンサーサイト
20:38 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示