スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

女王様に会いにいく

2013/04/19
さいんばいのう。特別調理人でござりんす。
意外と早い再登場だね。まあ、裏を返すなら間を置かぬほうがいいかと。
もっとも、今のうちだけだろうけど…。
さて、今日はなんとか天気も良さそうですな。こんな日はまさに山日和。
しかし、とりたてて山好きでもないアタシがなぜ山へ行くのか。
それはSの女王様に会いにいくため。
女王様とはいっても、「私の靴をお舐め、この豚野郎!」的な高貴のお方ではありませぬ。
Sとは山菜。そして山菜の女王といえば、アタシも大好きなコシアブラ。
てことで今回はコシアブラを採りにいく話。

宿から車で5分ほどの、とある山の中。
こんなところにコシアブラの群落があるとは誰が知ろうか…。
もちろんアタシだって知りませんでしたよ。「山菜おまわりさん」に聞くまではね。
山菜おまわりさんて誰だって? まあいいじゃないの。そういう人がいたわけさ。
で、教わった場所に行ってみると、たしかにあるんだなコレが。
今まで市場で買ってたのがうそみたいですな。

名称未設定+1_convert_20130418230719
現場へ向かう途中に桜花がちらほら。未だ満開には遠そうだ。

CIMG4171_convert_20130418225928.jpg
到着。ここがコシアブラルートの入口。ルートといっても道なんかないけどね。

CIMG4213_convert_20130418230751.jpg
侵入するや下り斜面に。こんなとこ通るのかよ? 通るんです。

CIMG4226_convert_20130418230913.jpg
斜面の右側には土砂崩れの跡が残る。近寄りたくないね。

CIMG4214_convert_20130418230836.jpg
倒木やら蔦やらで足を取られることも。こうなるとほとんどワナである。

CIMG4185_convert_20130418230505_20130418232912.jpg
躓きながらふと脇を見ると、ヤブツバキが笑っている。

CIMG4192_convert_20130418230420.jpg
おっ、女王様。いやいやこれは別人です。似てるけどね。

CIMG4225_convert_20130418231027.jpg
ついに女王様に謁見かなう。が、これはまだミテコ。手を出したら児童福祉法違反で挙げられそうだ。

CIMG4176_convert_20130418230130_20130418233530.jpg
これならだいじょうぶ。いただきましょう。

コシアブラはウコギ科ウコギ属の落葉高木。
独特の香りと苦味があるが、加熱するとこれが生きてくる。
宿では天麩羅、辛子浸し(さっと茹でたものを薄口醤油・だし・和辛子で和える)などで提供している。
炊き込みご飯も美味いらしいけど、数に限りがあるからね。
個人的な好みだけど、山菜天麩羅の中では山ウドと双璧だと思う。

CIMG4179_convert_20130418230238.jpg
帰りのルートはとうぜん上り。いい運動だよまったく。

CIMG4183_convert_20130418230630.jpg
なにやら不気味なキノコが…。おかみが見たら間違いなく持って帰りそうだ。

CIMG4230_convert_20130418231000.jpg
さて、本日の釣果、いや戦果がこれ。5、6組分にはなりそうだ。

しかしGWの分まで考慮すると、あと何回採りにいけばいいものやら。
ついでにいえば、提供する山菜はコシアブラだけではない。
タラの芽、山ウド、コゴミ、ワラビ、セリなどは、その気になれば自力で調達できる。
だけど生えてる場所がそれぞれ違うからなあ…。
で、例年その難儀さに負けて、後半分は結局市場で買うことになるんだな。
まあ、春の儀式みたいなものかもしれないね、山菜採りは。
関連記事
スポンサーサイト
00:00 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。