スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

竹だって食べられる

2015/06/25
特調でごじゃる。
日本全国雨あられのようだけど、なぜか新潟は晴れとるぞ。
まあ、たまにはこんなときもなくっちゃね。
ふだんは雨の多さに泣かされてんだから。

ところで「マダケ」ってご存知かな。いやいや「マタゲ」じゃないって。
漢字で書けば「真竹」。文字どおり竹の仲間でございます。
ちょうどいま時分になると、宿まわりのブッシュからにょきにょきと生えてくる。

2_20150625174620d85.jpg

じつはコレ、食えるんだな。
しかも意外と美味い。
もちろんタケノコみたいな滋味はないさ。
だけどパリパリとした食感や、いかにも「竹を食っています」という味わいには捨て難いものがある。
どうやって食うのか。
そのまま齧ったらパンダと同じだからね。多少は下準備が必要だ。
まずは皮を剥く。ここらへんはタケノコと同じ。

5_20150625174624669.jpg
ずいぶんと緑色だな。でも大丈夫。食べられますって。

つづいてななめから薄くスライスして、サッと茹でる。
4_201506251746237dc.jpg
根元に近づくと包丁の入りが固くなるから、そこらでストップ。

3_20150625174621538.jpg
糠まで使う必要はないよ。多少のアクも味のうちだからね。

これで下準備はおしまい。きわめてカンタンだ。

今回は豚バラ少々と湯通しした油揚げ、千切りの人参と炒め合わせる。
味つけは「かえし」と昆布だし、好みで鷹の爪。
まあ、キンピラみたいなもんだな。

1_2015062517461839c.jpg

ごはんのお菜によし、辛みを効かせれば酒のあてにもなる。
いましばらく、楽しむつもりだ。
スポンサーサイト
18:10 お料理とお酒 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ドッグランを作っちまったぜ

2015/06/22
わが家の裏には人知れず畑がある。
おかみが耕すこの畑、広くはないがキュウリ、ナス、シシトウ、カボチャ、オクラ、ミニトマト、スイカ、インゲンなどなど、宿で使う野菜をそれなりに収穫できていた。
ところが今年、畑作面積はいきなり3分の1くらいに縮小してしまった。
なぜか。
理由その1
がらにもなくおかみが野菜の葉にかぶれるようになったこと。
かつては野人とおそれられたおかみも、年には勝てず人並みになったのだろう。
理由その2
なんとドッグランを作ってしまったのだ。

1_20150622095613560.jpg

8_20150622095819df5.jpg
ワンコが入ると…。手前にラル吉、奥にえんこちゃん。

見てのとおり、100パーセント手作り。しかも大工仕事が不得意中の不得意というおいらとおかみの合作である。完成したのが不思議なくらいだ。
広さはざっと東京ドーム3個分…うそです。
周囲は約40メートルでサーフェスはクローバー(生えてくればね)。
けっして広くはないが、走ろうと思えば走れないこともないだろう(ワンコ入り写真参照)。
総工費5,000円、製作日数は3日ってところかな。
ふっふっふ…。やる気になればできるのだ。

7_2015062210061663f.jpg

6_20150622100615041.jpg

ランに面してのすもも(サンタローザとハニーローザ)の古木がある。今年は果実の当たり年のようだ。

4_20150622100618dc3.jpg

こちらはグミ。3、4年ごとに実をつける。

2_20150622100619bfa.jpg

毎年実をつけるビワ。そろそろ色づいてきた。

10:25 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。