おだやかな日々

2017/10/13
いつのまにか秋だねえ。
最高気温も20度前後。もはや犬らも人間(おいらのこと)もクーラーはいらない。
冬のはじまりまであと2か月。まずは過ごしやすい日々が続いている。
新米も登場した。やっぱりうまいぞ新潟の米は。
そろそろ魚たちにも脂がのってくるはずだ。

201710131432316a4.jpg
ことしもアケビの実を収穫。肉味噌を詰めて蒸し焼きにする。

201710131432330ef.jpg
庭のあちこちでホオズキの身が色づいている。

20171013143233813.jpg
トンボを捕食中のカマキリの雌。
そのドサクサにまぎれて背によじ登り、交尾の機会をうかがう雄。
子孫を残すのもひと苦労だ。

20171013143234acb.jpg
どことなく退屈な面持ちのラルきち。
スポンサーサイト
21:04 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

雨あがる

2017/07/04

20170704173954ce9.jpg

どしゃぶりである。
いや、だったというべきかな。もうあがりました。
なんと出雲崎町全戸に避難勧告が出ていたようです。
ようですってぇのもふざけた言い方だけど、実際宿のぐるりでは「避難? どこの話だよ」ってカンジ。
用水が溢れることもなけりゃ、道路の冠水もない。
子どもたちもちゃんと登校してるみたいだしね。
ですからご安心のほどを。
宿は無事でごじゃりあんす(若干の雨漏りあり)。
心配してお電話いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

20170704173953b1b.jpg
カエルのくせに雨やどりかい・・・。




17:54 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

農道花見

2017/04/08
20170408210200cfb.jpeg

この季節、宿下の農道を歩けば、ちょっとした花見気分が味わえる。
もっとも花見といってもサクラじゃないよ。
おいらの花見は春を告げるかそけき野花がお相手。
サクラなんてもんは、どこにでもあらあな(じつはまだ咲いてないのさ)。

201704082102051b9.jpeg
カヤツリグサ科のヒメカンスゲ。線香花火のようだ。

2017040821020177a.jpeg
山地の明るい場所に生えるキブシ。熟した実は染料としても使われたらしい。

20170408210202ec9.jpeg
ジンチョウゲ科のナニワズ。福島以北の日本海側から北海道まで分布する。

20170408210203124.jpeg
農道に面した西向きの斜面は、カタクリが群生している。
うつむきがちの花ゆえに、斜面の下から見上げるのがのぞましい。

20170408210328fe7.jpeg

20170408210327958.jpeg
ジャノヒゲと熟した種子。人工物のように見事な藍色。

201704082103297f6.jpeg
柄の伸びたフキノトウ。茹でてから刻んで、ワカメ、なめ茸と和える。
酒のあてになかなか美味いんだ。

20170408210332572.jpeg
打ち上げ花火のようなショウジョウバカマ。
日当たりのいい斜面に多い。

201704082103303ea.jpeg
農道脇の石積みの上でぼんやりしていたシマヘビちゃん。
撮影後、あわてて逃げていった。驚かせてスマン。

201704082105207e3.jpeg
農道から見上げた宿。


21:18 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

第一次山菜収穫部隊、出動!

2017/04/07
最高気温20度。4月あたまにしては画期的にぬくったいぞ。
こんな年は山菜の出が早いかも。
ってなわけでさっそく山菜収穫部隊を結成。
三島磯部神社➡︎小木ノ城方面へと出動した。
ようするに暖かくなると外へ出たくなるんだよね。
これって雪国居住者の性なのかな。「啓蟄」なんて言葉が頭に浮かぶ。

201704071054110de.jpeg
三島磯部の桜はいまだ蕾。あと10日くらいかな。

20170407105407940.jpeg
ノカンゾウが出はじめている。食べごろだぞ。

20170407105408608.jpeg
早春の象徴、スイセンも咲きはじめた。

20170407105409c66.jpeg
路傍の地蔵さんも春到来に笑い顔。

20170407105410264.jpeg
小木ノ城中腹ではコゴミが。一番芽は太くてうまいんだ。

今回の収穫はノカンゾウ、コゴミ、ツクシにヤマミツバ。
まあ例年どおりの状況だろう。
第二次収穫は4月中旬。ねらいは山菜の女王コシアブラだ。

201704071100057bb.jpeg
ノカンゾウとシラスの酢味噌和え。ぬるみと歯ごたえがたまらない。

20170407110007fcd.jpeg
ヤマミツバのおひたし。野山の香りが強い。

20170407110007ed3.jpeg
ツクシの炒め煮。子どものころ、四谷の上智大学の土手でよく摘んだもんだ。
ほろ苦さが持ち味。そういえば混ぜご飯にもしてた。懐かしいな。
11:11 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

赤坂山自然公園

2017/03/24
ひさしぶりに晴れた。どうやらそろそろ春らしいね。
ごぶさたでおま。特調でやんす。
ここ何日かお客続きだった。
犬部屋に軟禁? されていたワンコらは不満がたまっているようだ。
ラル吉にいたっては口が三角になっている。

7_201703240649471f1.jpg
これ不満の顔。口が三角だぞ。

そこでワンコらなぐさめの散歩へ。天気もいいしね。
めざすは赤坂山自然公園。あそこならノーリードでおっ放したって誰もいないハズだ。
そう。そこは出雲崎町内にある「完全に忘れられた歴史スポット」なのだ。

6_20170324064946865.jpg
公園入口の立て看板。パッと見「立ち入り禁止」に見えるぞ。

5_20170324064930677.jpg
切り通しの道は秋の落ち葉がそのまま残る。しばらく掃除してないな。

4_20170324064928432.jpg
右側の斜面に唐突に現れる「男山登り口」。

3_20170324064927429.jpg
登りきると広場らしきスペースが。

2_20170324064926baf.jpg
屹立する「宗良親王御奮戦地」の巨大な石碑。

ここには赤坂城なる山城があり、宗良親王はその総大将。
後醍醐帝の五子である親王は、この地で北朝の大軍と戦ったそうだ。
けっきょく負けちゃったらしいけどね。
つまりここ、古戦場だったんだな。知らなかったよ。

さて、おいらが石碑の写真を撮っていると、唐突におかみの絶叫が聞こえる。
じつはこの公園、ゴルフ場に隣接している。
ハイになったワンコらが境目のフェンスをくぐり、グリーン上に乱入したらしい。
けけけ。詳しくはおかみのbbsでどうぞ。
06:55 日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »